English Site  
 


第六回 通常総会報告

平成20年5月27日、第六回女子教育奨励会総会を国際文化会館にて開催いたしました。

[1]総会概要

1. 日時: 平成20年5月27日(火)14:00 ~ 15:00
2. 場所: 国際文化会館(International House of Japan)
3. 参加者: 出席者 会員   20名   委任状  43名
事務局   1名、  オブザーバ  1名
4.審議承認事項: * 第1号議案 平成19年度事業報告書承認の件
* 第2号議案 平成19年度会計報告書承認の件
<収支計算書、財産目録、貸借対照表、監査報告書>
* 第3号議案 平成20年度事業計画書承認の件
* 第4号議案 平成20年度収支予算書承認の件
* 第5号議案  定款変更の件
* 第6号議案  理事(8名)選任の件
* 第7号議案  監事(2名)選任の件

[2]議事内容

1) 14時丁度、開会に先立ち清水事務局長からの提案により、定款第28条に基づいて議長の選出 が行われ、満場一致で木全理事長が任命された。
2) 木全理事長から定足数確認の指示があり、正会員109名のうち出席者20名・委任状43名、 表決権63名である旨清水事務局長から報告があり、よって定款第29条に基づき、本総会の成立が確認され開会した。
3) 木全議長より、上記審議事項について逐一資料に基づき説明があり議事が進められた。
「第1号議案」:平成19年度事業報告書 JKSK設立総会以来、6周年を迎えた平成19年度の活動に付いて報告された。
平成15年度の提言コンテスト、平成17年度の「女性の活力を社会の活力に」シンポジウム、平成18年度の「Diversityの推進」シンポジウムを受けて、結局は日本の男性社会が問題であるとして、平成19年度は「Work Life Balanceの推進シンポジウム~男の働き方を変えよう~!」を開催し、大きな反響を呼んだ。
シンポジウムだけで終わらせないで、更に発展・拡大させて行く為に、「JKSK拡大WLB推進研究会」を1月に発足し、既に三回研究会を行った。
「先進企業トップインタヴュー」を3年間に渡り13社実施してきたが、それを「JKSK-HP上で掲載」し、更に6冊に分けて「冊子化」を行った
「JKSK会員とゲストの定例交流会(JKSKサロン)」は、その時その時の時勢を反映した講師の講演及び参加者との有意義な意見交換をはじめ会員・ゲスト間のネットワーキングの促進に役立つと共に理事長の手料理にも関心が高く、本年度も10回開催し、この5月で40回を迎えた。その概要は「サロンスケッチ」として、その都度HPで内容を発表している。
その他、「JKSK国家戦略研究会」、「ウエブサイト活動」、「他のNPO法人・組織等との連携」などについて説明報告があった。
以上審議の結果、第1号議案は異議なく原案通り承認された。

「第2号議案」:平成19年度会計報告書
上記第1号議案の活動に要した関連経費の支出、及び前期からの繰入金・入会金・年会費・寄付等収入についての説明があり、一連の会計書類について志賀こず江監事より、「適正の処理されている」旨の監査報告が行われた。以上審議の結果、第2号議案は異議なく原案通り承認された。

「第3号議案」:平成20年度事業計画書
平成20年度の事業計画について説明された。
「ウエブ活動」には相変わらず力を入れていく。大和田編集長と共にナナ・ジェントルさんが副編集長として戦列に加わり、若々しい感覚と新しい視点でのJKSKウエブの発展・展開を目指して行く。トップページのデザイン、メルマガ的なJKSKニュースの発信、JKSK及び会員の活動の紹介など積極的に取り上げていく。
今年度は新しいシンポジウムは行わず、シンポジウムの開催に引き続き始められた 「JKSK拡大WLB研究会」(パネリスト、会場からの参加者、研究会メンバー等30名からなる)に力を入れ、WLBについて更に勉強研究を積み重ねていくと共に、会員の所属する会社の事例について「ケーススタデイ」を実施していくことにより、いびつな 日本社会を変える運動を世の中に展開していく。
「JKSKサロン」引続き継続、第50回の時点でその後の方向性を検討することとする。
「先進企業のトップインタヴュー」既に完成している冊子(Vol.Ⅰ~Ⅵ)の有効な活用な活用に併せて、社会の変化進展の中で、優れた先進企業が誕生したら、継続して先進 企業トップインタヴューを実施していく。
「志を同じくするNPOなど他の組織、団体、企業」との連携を、引続き推進していく。
以上審議の結果、第3号議案は異議なく原案通り承認された。

「第4号議案」:平成20年度収支予算書
上記第3号議案の諸活動に拘わる経費予算及び寄付・会費などの収入見込みなどについて、説明された。以上審議の結果、第4号議案は異議なく原案通り承認された。

「第5号議案」:定款変更の件
JKSKの事業運営・活動をより活発にする為、「理事3人以上8人以下」の規定の「8人以下」を削除し、「理事3人以上」のみとする。但し公益法人規定の見直しの可能性もあり、その動向を見守りながら、理事の増員については慎重に行うこととする。 以上審議の結果、第5号議案は異議なく原案通り承認された。

「第6号議案」:理事(8名)選任の件
現在7名の理事の任期が本日の総会をもって満了するのに伴い、新しく理事の選任について 審議が行われた。以上審議の結果、新任1名、再任7名、 合計8名の新理事の就任が、 第5号議案通り異議なく承認された。

「第7号議案」:監事(2名)選任の件
現在2名の監事の任期が本日の総会をもって満了するのに伴い、新しく監事の選任について審議が行われた。以上審議の結果、現在の監事2名の再任が、第6号議案通り異議なく承認された。
4) これにより、JKSK今年度の役員体制は次の通りとなった。
名誉顧問 渋澤 雅英 (再任)
理事・理事長 木全 ミツ (再任)
理事・事務局長 清水 敬允 (再任)
理事 川戸 恵子 (再任)
理事 棚沢 青路 (再任)
理事 堀井 紀壬子(再任)
理事 佐渡 アン (再任)
理事 阪本 正彦 (再任)
理事 石畑 孝子 (新任)
監事 志賀こず江 (再任)
監事 村田 由美子(再任)
  なお、名誉顧問を含む理事・監事の任期は、2年間で2010年の総会までとする。
 
最後に、石畑孝子新任理事のご挨拶があり、閉会にあたり議事録署名人として、大谷まりと三田治子が任命された。
以上

 

第六回通常総会 出席された方々の一部
 
▲このページのトップへ 
2008©JKSK All Rights Reserved.