English Site  
 


JKSKサロンレポート 
JKSKでは毎月スピーカーを招き、会員とゲストの交流会を開催しています。1月の交流会は、I.N.O (Integrity, Network & Opportunity)代表取締役 田中幸子さんをお招きし、お話をうかがいました。

●JKSK会員とゲストの交流会 1月

講 師:田中幸子さん
テーマ:一人称のキャリアを目指して ~自分で考え、自分で決める人生、
     どんな結果になっても、責任を人に転化しない。

今日の講師は、田中幸子さん。田中さんは、1973年に富士通に入社、社内留学制度でハワイの日米経営科学研究所で学ぶ。帰国後、システムエンジニア・アナリストとして開発を担当し、多くの外国企業と連携して大型商談などを手がけてきた。その後豪州、英国に駐在し海外から国際ビジネスの発信を続けてきた。合計18年間海外に駐在していたことになるが、2006年に帰国後いろいろな経験を活かし「株式会社INO(Integrity,Network & Opportunity)を設立、現在代表取締役として、ITビジネスの分野での日本発、又は日本着のグローバルなビジネス立ち上げのコンサルタンシーサーヴィスを提供してる。

そういう田中さんに、がむしゃらに走ってきたというご自分の職業人生を振り返り、いろいろ感じて来られたことをざっくばらんに話してもらった。

  • * 父の影響が非常に大きかったと思う。父が公務員であった関係で、転勤の連続であったが、その都度新しい土地・環境に適合していく習慣が出来ると同時に、その土地の特徴を理解するように教わった。例えば、北海道ではアイヌの異文化と京都ではあちこちのお寺参り・・・・。また父の教育方針は、「これからは自分で決めて自分で責任をとる」であった。
  • * 1973年に富士通に入社したが、まだ若い会社で、「とにかくやってみよう・やらしてみよう」という風土であった。自分のやりたいことを、上に理解してもらう自分としてのポイントは、
    • トップと何らかの接触があること。
    • 他社・他国の情報を持っていくこと。
    管理職になった途端に、オーストラリア・シドニーに転勤、ラインマネージャヤーとして欧米式人事管理もやらされたが、多国籍の人たちを如何にまとめていくか、大いに勉強になった。
    自分の強みは、ドウーワー(Do er。まず現場に行ってやってみること)とアジアを勉強したことだとと思う。
    日本のトップの人たちは、アジアに対して優越感、欧米に対して劣等感を持っていることを感じる。
  • * 18年間海外での勤務で強く感じたことは;
    • 1)日本の企業社会には、男性中心、学歴尊重などのルールがあること。
    • 2)グローバルなビジネスの世界では、英語のコミュニケーションが必須であること。
    • 3)海外では私・個人としての仕事経験や能力を評価されていたが、日本の企業社会では、個人としての評価以前に、「女」というのカテゴリーの行動規範を期待されている。
    • 4)ヴィジョンを持って仕事をしていることが必要。
    • 5)体力があることは必須である。
    • 6)外見も必要。(コミュニケーション、洋服、挨拶・・・・・)
  • * 国際人として必要だと思うこと及び自分が守ってきたこと; 1)その国を理解すること、2)自分の感性を磨く事(例えば、音楽でも)、3)ボランティア活動。 障害者から勉強した。感謝の気持ちと友達作り。4)自然との触れあい、Walking、5)好奇心 日本に帰ってきて、なにか人の価値観や、やる気などが後退しているのではと感じている。これからは自分のやれること、特に女性・高齢者・外国人と協力して、多様化した社会を作って行きたい・・・・・ 18年前日本をでたときにはなかったインターネットの活用。そしてコミュニケーションとネットワーキングを今後も積極的に行って行きたい。
  • * 質疑:日本人男性の駐在員は日本人同士でつるんでしまい、現地の人と付き合わない。女性の駐在員は未だ珍しいケースで仲間が居ない事もあるが、つるまないから、ボランティアなどで現地に溶け込めたのではないか。また、父親の教育、特に日本のお寺を沢山見ていることが、田中さんの日本人としての感性に重要な影響を与えたのだと思う。

バックナンバーリスト

2007年11月 【第35回】 ポテンシャルの高い女性がどんどん入社してくる・・なのに・・私はチャレンジしています。 大竹 千広さん
2007年10月 【第34回】 狭心症と心筋梗塞 木全心一さん
2007年9月 【第33回】 日本の七不思議 佐藤玖美さん
2007年7月 【第32回】 日本のグローバライゼーションを考える 塚本弘さん
2007年6月 【第31回】 「気が付くか、気付かぬかの勝負」~日本の外で何が話題になっているか~ 木内孝さん
2007年5月 【第30回】 被害者、その家族・親族の苦しみの実態を、彼らの人権を考えよう 志賀こず江さん
2007年4月 【第29回】 政治に何が欠けているか ~そして、母を語る~ 橋本五郎さん
2007年3月 【第28回】 「女劇YOKTO23KU」~人脈形成のキーポイント~ 弓山桂司さん
2007年2月 【第27回】 どこかおかしいこの社会~日米両社会を知り尽くした日系三世の目から~ 佐渡アンさん
2007年1月 【第26回】 お母ちゃんの家 宇津崎光代さん
2006年11月 【第25回】 50歳からの挑戦・女性たちの思いを映画に託して 松井久子さん
2006年10月 【第24回】 渋沢栄一の世界 渋澤雅英さん
2006年7月 【第22回】 日本人としてゴスペルを歌っていきたい 内田奈々子さん
2006年6月 【第21回】 カンボジアで児童買春と戦うソーシアルベンチャー 村田早耶香さん
 
▲このページのトップへ 
2008©JKSK All Rights Reserved.