English Site  
 


JKSKサロンレポート 
JKSKでは毎月スピーカーを招き、会員とゲストの交流会を開催しています。3月の交流会は、日経アソシエ記者の治部れんげさんをお招きし、お話をうかがいました。

●JKSK会員とゲストの交流会 3月

講 師:治部 れんげさん
テーマ:なぜ、米国女性は昇進も子供も諦めないのか

 治部れんげさんは一橋大学卒業後、日経BPに入社。今日のテーマである「なぜ、米国女性は昇進も子供も諦めないのか」に興味を持ち、ミシガン大学に留学して、「米国男性の家事育児、それが妻に与える影響」を研究調査してきた。
まず、「育児支援制度」に興味を持ちいろいろ調べたが、どうもアメリカでの「制度」はあまり問題ではなく、個人のメンタルの問題であることが判った。アメリカでは連邦政府の支援制度は無いと言ってよいのに、大体の日本の女性のマネージャーは、「育児制度整備は政府の仕事」という認識の基に、更に「制度があっても、夫など男性が利用するのは不可能」と考えてしまうメンタリティーがある。これでは幾ら支援しても、実際問題としては上手く行かないのが日本の現実である。そういう見地から、どうしてなのだろうと考えて調査・インタヴューを行ってみた。その結果次のようなことが判ってきた:

  1. アメリカと日本の夫と妻の家事に従事する時間は、アメリカでは妻2(2時間46分)に対して夫1(1時間23分)の割合だが、日本では妻5(3時間50分)対夫1(46分)と圧倒的な差がある。今の日本の状態は、1960年代のアメリカと丁度と同じ感じだという。
  2. 結婚は、アメリカではお互いに全て「share」することという概念が徹底しており、逆に稼ぎも育児も女性が半分shareしろと考える男性も日本と比べ多いため、妻へのプレッシャーも大きいともいえる。妻の方が稼ぎが多い人も居り、その場合は「専業主夫」の人も多い。しかし、夫もずっとその積りはなく、いずれ働きだそうという自信があるようだ。
  3. 育児に対するサポートの概念は日米で違うのも面白い:
    日本人   金銭で解決。育児所をもっと作れという要求になる。
    アメリカ  柔軟な勤務時間を希望。必要な人は在宅勤務・パートタイムもいとわない。
  4. アメリカでは、子育てを交代でゆっくりやっているという感じである。日本では少子化が問題で、子供を生むか生まぬかという議論が多いが、アメリカでは二人生むか三人かが問題となっている。
  5. アメリカでは育児休暇制度が無いので、「上司との交渉」が重要であり、上司に「休暇を取れ」と言って欲しいのが現実な問題という。政府の支援よりも、個人間の契約を重視するアメリカ人
    の価値観である。
  6. 休暇の取り方の統計を見ると、日本は30年前と変わってない。アメリカでは食事は簡単なもので済ますが、食べるものに対しての日本人の要求水準は高いので、家事の負担が若干違うのではと思う。
いろいろな質疑があった:

1)日本では、学校の先生から働いている母に対して、育児についていろいろな圧力がかかるという。

2)「なぜ、アメリカ女性は昇進も子供も諦めないのか?」に対する答えは:
日本は会社とか政府の制度に育児を依存する傾向があるが、アメリカ女性は二人で作った子供、であるし、個人の問題は自分達で解決しようという観念が強い。

3)職場は「男が変わらなければならなくなった」というのが世界的にも共通傾向ではあるが、各国ではそれぞれ次のような特徴がある;
アメリカ   個人奨学金制度が充実
フランス   政府が支える 
ノールウエイ 税が高い(消費税)、役員女性40%
(ヨーロッパ)   社会全体として意識が出来ている  
日本     男性、企業、政治の意識が変わることが先ず必要

 本日の理事長のテーマは、ミシガン留学を終え帰国された講師治部れんげさんにあやかっての「アメリカンテイスト」(一口ハンバーグ、New England スタイルのクラムチャウダー、ホットドッグ、蟹ピラフ、野菜スティック、サラミソーセージ・ガーリック・パン・ド・レブをはじめとした31種)

 

バックナンバーリスト

2008年2月 【第37回】 韓国の食文化~キムチのお話 崔 誠恩(チェ・ソンウン)さん
2008年1月 【第36回】 一人称のキャリアを目指して 田中幸子さん
2007年11月 【第35回】 ポテンシャルの高い女性がどんどん入社してくる・・なのに・・私はチャレンジしています。 大竹 千広さん
2007年10月 【第34回】 狭心症と心筋梗塞 木全心一さん
2007年9月 【第33回】 日本の七不思議 佐藤玖美さん
2007年7月 【第32回】 日本のグローバライゼーションを考える 塚本弘さん
2007年6月 【第31回】 「気が付くか、気付かぬかの勝負」~日本の外で何が話題になっているか~ 木内孝さん
2007年5月 【第30回】 被害者、その家族・親族の苦しみの実態を、彼らの人権を考えよう 志賀こず江さん
2007年4月 【第29回】 政治に何が欠けているか ~そして、母を語る~ 橋本五郎さん
2007年3月 【第28回】 「女劇YOKTO23KU」~人脈形成のキーポイント~ 弓山桂司さん
2007年2月 【第27回】 どこかおかしいこの社会~日米両社会を知り尽くした日系三世の目から~ 佐渡アンさん
2007年1月 【第26回】 お母ちゃんの家 宇津崎光代さん
2006年11月 【第25回】 50歳からの挑戦・女性たちの思いを映画に託して 松井久子さん
2006年10月 【第24回】 渋沢栄一の世界 渋澤雅英さん
2006年7月 【第22回】 日本人としてゴスペルを歌っていきたい 内田奈々子さん
2006年6月 【第21回】 カンボジアで児童買春と戦うソーシアルベンチャー 村田早耶香さん
 
▲このページのトップへ 
2008©JKSK All Rights Reserved.