English Site  
 


JKSKサロンレポート
JKSKでは毎月スピーカーを招き、会員とゲストの交流会を開催しています。5月の交流会は、ゴールドマン・サックス証券(株) マネージング・ディレクター、 汎アジア投資調査部門統括 チーフ日本株ストラテジスト のキャシー・松井さんをお招きし、お話をうかがいました。

●JKSK会員とゲストの交流会 5月

講 師:キャシー・松井さん
テーマ:「アジア女子大学(バングラディッシュ・チッタゴン)
      ~アジアの先進国日本、日本人としての参画を ~」

50回を迎えたJKSKサロンの今日の講師は、ウオールストリートジャーナルが2007年に、「アジアで眼が離せない10人の女達」に選ばれたというキャシー・M・松井さん。アメリカ国籍の日系2世、奨学金でハーバート大学を卒業、現在はゴールドマンサックス証券の経営幹部のお一人として辣腕を振るわれている。

ご両親は奈良県のご出身だが、日系一世としてアメリカに渡り農場を経営、大変なご苦労の末今は全米の「蘭」の花の30%のシェアーを持っておられるという成功者である。しかし、利益を子供達には1ドルも渡さず「松井基金」を設立し拠出し、専ら、貧しい家庭の子どもたちの教育をサポートをしているという。母親はお茶の裏千家の先生でもあることもあり、日本の文化を何時も大切にしているとのこと。

今日はゴールドマンサックスの話ではなく、松井さんが、現在情熱を傾けている「アジア女子大学」(AUW)の意義、これからの展開、日本、日本人の協力支援への呼びかけについてである。AUWの概要は下記の通りで、「女性の教育、とりわけ高等教育が、リーダーの育成、ひいては、持続可能な発展・経済成長・政治的安定の実現に極めて重要である」という信念に基づいて設立されたものである。

・名 称:アジア女子大学 Asian University for Women (AUW)
・場 所:バングラディッシュ、チッタゴン
・対 称:南アジア、東南アジアから中東にわたる地域
・学生数:最大2500名
・学 部:「アクセスアカデミー」(1年)「学部課程」(3年)「大学院専門教育課程(修士)(2年)

*「何故 女性なのか」?
  アジア地域の女性達には、高等教育を受ける機会が非常に少ないことと、従って、有能、有望な女性達が活用されていない現実があることと、男性より女性への投資のほうがはるかにリターンが大きいからである。男性は自分のことだけしか考えないが、女性は自分が教育を受ければ必ず子供にも社会にもよい影響を及ぼそうとする潜在的能力がある。 

*「何故 高等教育なのか」?
「高等教育が、リーダーの育成、ひいては持続可能な発展、経済成長、社会・政治的安定の実現に極めて重要である」からである。

*「何故 バングラディッシュなのか」?
教育を重んじる伝統があり、政治的安定性の高いバングラデッシュは、AUWの使命と理想を充足するために最適な場所であり、バングラデッシュは、多様性に富んだ民主国家で女性の地位向上に向けてたゆまない努力をしている。グランミン銀行やBRACなどのNGOによる先駆的活動がよい例であり、ノーベル平和賞受賞者を2名輩出するなど、人間の知を重視する伝統がある。バングラデッシュ議会は、AUWに学問の自由、教育機関としての自治を認めるとともに50haの土地を提供するという決定もしている。

今回は、JKSKサロンが丁度50回目という節目であることを祝し、この5年間、50回に渡り毎回一人で数十種類の様々な手造り料理を作り続けて来た理事長を称えて、夫と事務局長と庵主でビックサプライズを企画した。松井講師の人気もあり、人数も62名という新記録と相まって、大変意義ある盛り上がった第50回のサロンとなった。

今日の理事長のお料理のテーマは、「講師がHarvard時代に過ごしたアメリカNewEngland地域のテイストと現在、情熱を注いでおられるアジア地域のテイストを中心に・・・・」と、出席希望者が開催日が近づくにつれて人数が増大していくことにも呼応して、準備された41種のお料理の数も記録であった。   

(文責 JKSK事務局)

バックナンバーリスト

2009年4月 【第49回】「フィトテラピー(植物療法)を医療で活かす欧州に見習う」 ~ Au Sein des Femmes(オッサンデファム・女性の乳房と健康を守る会)日本支部のこれからの活動  森田敦子さん
2009年3月 【第48回】 食の安全~日本ハム(株)社外重役をお引き受けして 早川祥子(サチコ)さん
2009年2月 【第47回】 学習する組織だけが生き残る~チーム・ダーウイン 熊平美香さん
2009年1月 【第46回】 笑顔の父親が増えている~パパ力(チカラ) 検定 安藤哲也さん
2008年11月 【第45回】 絵の楽しみ 山崎富治さん
2008年10月 【第44回】 弁理士とは何か? 吉井一男さん
2008年9月 【第43回】 自衛隊と女性 ~イラク派遣を経験して~ 佐藤正久さん
2008年7月 【第42回】 グローバル教育 ~地球村への10のステップ 渥美育子さん
2008年6月 【第41回】 コンプライアンス不況を脱して活力ある日本経済を復活させるために 大久保和孝さん
2008年5月 【第40回】 日中韓フォーラム発足が意味するもの 松尾篤さん
2008年4月

【第39回】 「Cradle to Cradle」~ゆりかごからゆりかごへ~ (世界を新しくする ものづくり) 岡山慶子さん

2008年3月

【第38回】 なぜ、米国女性は昇進も子供も諦めないのか 治部 れんげさん

2008年2月 【第37回】 韓国の食文化~キムチのお話 崔 誠恩(チェ・ソンウン)さん
2008年1月 【第36回】 一人称のキャリアを目指して 田中幸子さん
2007年11月 【第35回】 ポテンシャルの高い女性がどんどん入社してくる・・なのに・・私はチャレンジしています。 大竹 千広さん
2007年10月 【第34回】 狭心症と心筋梗塞 木全心一さん
2007年9月 【第33回】 日本の七不思議 佐藤玖美さん
2007年7月 【第32回】 日本のグローバライゼーションを考える 塚本弘さん
2007年6月 【第31回】 「気が付くか、気付かぬかの勝負」~日本の外で何が話題になっているか~ 木内孝さん
2007年5月 【第30回】 被害者、その家族・親族の苦しみの実態を、彼らの人権を考えよう 志賀こず江さん
2007年4月 【第29回】 政治に何が欠けているか ~そして、母を語る~ 橋本五郎さん
2007年3月 【第28回】 「女劇YOKTO23KU」~人脈形成のキーポイント~ 弓山桂司さん
2007年2月 【第27回】 どこかおかしいこの社会~日米両社会を知り尽くした日系三世の目から~ 佐渡アンさん
2007年1月 【第26回】 お母ちゃんの家 宇津崎光代さん
2006年11月 【第25回】 50歳からの挑戦・女性たちの思いを映画に託して 松井久子さん
2006年10月 【第24回】 渋沢栄一の世界 渋澤雅英さん
2006年7月 【第22回】 日本人としてゴスペルを歌っていきたい 内田奈々子さん
2006年6月 【第21回】 カンボジアで児童買春と戦うソーシアルベンチャー 村田早耶香さん
 
▲このページのトップへ 
2008©JKSK All Rights Reserved.