English Site  
 


JKSKサロンレポート 
JKSKでは毎月スピーカーを招き、会員とゲストの交流会を開催しています。11月の交流会は、元(株)クラウンインターチェンジプログラムス社長の多田幸子さんをお招きし、お話をうかがいました。

●JKSK会員とゲストの交流会 11月

講 師:多田幸子さん
テーマ:「中東諸国を歴訪して」

今日の講師は、JKSK会員の多田幸子さん。キャリアとして、社長として、企画プロデューサーとして、長年にわたり多くの国々の中で体験され、キャリアにピリオッドを打たれ、時間の余裕の出来た今、特にじっくり味わいたい国々として、中東諸国を歴訪された体験を中心に今回は、ざっくばらんなお話を伺った。

中東というと、多くの日本人には正直なんとなく不気味で不安な先入観を持ち、遠い世界に思われがちだが、経験豊かな多田さんですら、現地に行ってみて全く違った印象だったのには驚いたという。

世界の主な宗教、イスラム教・キリスト教・仏教の中で唯一イスラム教の信者だけがどんどん増加しており、将来は第一になると言われている。イスラム人の住む国も多種多様となってきており、例えばフランス300万、イギリス100万、ドイツ180万、アメリカ800万人のイスラム人が住んでいる。イスラム教では六信と五行というが、五行とは、礼拝・巡礼・告白・断食・喜捨のことで、宗教と社会・生活が一体となっているのが特徴である。訪問した多くの中東諸国の中で、比較的日本に知られて無いイランとリビアについてお話をされた。

<イラン>
イランでは、夏でも旅行者にも長衣・長袖・ベールを義務付けられ顔が見えないが、予想に反して人懐っこく、人々は明るく生活を楽しんでいる。また、急速に進んだイラン女性の職業意識と識字率は、男性を上回り、女性の全労働人口の三分の一が専門職であるという。大学生の62%は女性であり、医学生の70%は女性が占めている。

<リビア>
訪問する前は、独裁国家でなんとなく怖い感じであったが、カダフィーさんは国民から好かれており90%の支持を得て、全く違った国になっていたのには驚いた。93%は砂漠の国であるが、自由で物価はものすごく安く、住む・食べる・教育には困らないようなシステムになっている。物価は、例えば:米1kg45円、パン10本45円、砂糖1kg90円、牛肉1kg450円、オイル1リットル2円・・・。豊富な天然資源と文化遺産の宝庫であり、特に手付かずの地中海沿岸には各国、特に中国・韓国が群がってきているようであるとのこと。

前回のJKSKサロンで、ジャパンプレスの山本美香さんから中東のお話を伺ったが、同じ中東問題についてのお話であったが、全く別な視点からの報告であり、日本に馴染みの薄い地域だけに大変参考になった。

JKSK会員であり、木全理事長の夫である木全心一さんが、文化の日に瑞宝中綬賞を叙勲されたことが清水事務局長より披露され、皆で声高らかに新3・3・7拍子でお祝いをした。

今日の理事長のお料理のテーマは、講師の「中東をはじめ世界各国を旅しているが、一番好きなのは日本食~お煮付け」の希望に合わせて、「お煮付け13品」「講師の好きな韓国料理のキムチ鍋」など30種。

(文責 JKSK事務局)

バックナンバーリスト

2009年10月 【第54回】「ぼくの村は戦場だった~紛争地で生きる人々~」 山本美香さん
2009年9月 【第53回】「Diversity & Inclusion」1万人調査から見えるもの 堀井紀壬子さん
2009年7月

【第52回】「日本農業再生への具体的な Road Map」 山峰國彦さん

2009年6月

【第51回】「行財政改革の切り札 ~パブリシティーから見た事業仕分け~構想日本の取組み~」 西田陽光さん

2009年5月

【第50回】「アジア女子大学(バングラディッシュ・チッタゴン) ~アジアの先進国日本、日本人としての参画を ~」 キャシー・松井さん

2009年4月 【第49回】「フィトテラピー(植物療法)を医療で活かす欧州に見習う」 ~ Au Sein des Femmes(オッサンデファム・女性の乳房と健康を守る会)日本支部のこれからの活動  森田敦子さん
2009年3月 【第48回】 食の安全~日本ハム(株)社外重役をお引き受けして 早川祥子(サチコ)さん
2009年2月 【第47回】 学習する組織だけが生き残る~チーム・ダーウイン 熊平美香さん
2009年1月 【第46回】 笑顔の父親が増えている~パパ力(チカラ) 検定 安藤哲也さん
2008年11月 【第45回】 絵の楽しみ 山崎富治さん
2008年10月 【第44回】 弁理士とは何か? 吉井一男さん
2008年9月 【第43回】 自衛隊と女性 ~イラク派遣を経験して~ 佐藤正久さん
2008年7月 【第42回】 グローバル教育 ~地球村への10のステップ 渥美育子さん
2008年6月 【第41回】 コンプライアンス不況を脱して活力ある日本経済を復活させるために 大久保和孝さん
2008年5月 【第40回】 日中韓フォーラム発足が意味するもの 松尾篤さん
2008年4月

【第39回】 「Cradle to Cradle」~ゆりかごからゆりかごへ~ (世界を新しくする ものづくり) 岡山慶子さん

2008年3月

【第38回】 なぜ、米国女性は昇進も子供も諦めないのか 治部 れんげさん

2008年2月 【第37回】 韓国の食文化~キムチのお話 崔 誠恩(チェ・ソンウン)さん
2008年1月 【第36回】 一人称のキャリアを目指して 田中幸子さん
2007年11月 【第35回】 ポテンシャルの高い女性がどんどん入社してくる・・なのに・・私はチャレンジしています。 大竹 千広さん
2007年10月 【第34回】 狭心症と心筋梗塞 木全心一さん
2007年9月 【第33回】 日本の七不思議 佐藤玖美さん
2007年7月 【第32回】 日本のグローバライゼーションを考える 塚本弘さん
2007年6月 【第31回】 「気が付くか、気付かぬかの勝負」~日本の外で何が話題になっているか~ 木内孝さん
2007年5月 【第30回】 被害者、その家族・親族の苦しみの実態を、彼らの人権を考えよう 志賀こず江さん
2007年4月 【第29回】 政治に何が欠けているか ~そして、母を語る~ 橋本五郎さん
2007年3月 【第28回】 「女劇YOKTO23KU」~人脈形成のキーポイント~ 弓山桂司さん
2007年2月 【第27回】 どこかおかしいこの社会~日米両社会を知り尽くした日系三世の目から~ 佐渡アンさん
2007年1月 【第26回】 お母ちゃんの家 宇津崎光代さん
2006年11月 【第25回】 50歳からの挑戦・女性たちの思いを映画に託して 松井久子さん
2006年10月 【第24回】 渋沢栄一の世界 渋澤雅英さん
2006年7月 【第22回】 日本人としてゴスペルを歌っていきたい 内田奈々子さん
2006年6月 【第21回】 カンボジアで児童買春と戦うソーシアルベンチャー 村田早耶香さん
 
▲このページのトップへ 
2008©JKSK All Rights Reserved.