English Site  
 

 第128回JKSKサロン●JKSK会員とゲスト定例交流・勉強会
「僕のものの考え方24条」
木内 孝さん
      株式会社イースクエア会長 共同創業者
      JKSK顧問
2017年4月18日(火)19:00~21:00
「CULTURE」(表参道)

本日の講師は木内孝さん。「僕のものの考え方24条」をテーマにお話し頂きました。

僕のものの考え方24条

1.一言 二言 そして考え、心が通い出す。
  子と親との心の往復に終わりはない。

2.人間は勿体ないと思って大事にするのが良い。
  紙一枚でも捨てていると心が荒んでくる。

3.「想像する力」が足りなくないか。真剣勝負の心が大切。
  長い目で観て想像し、真剣勝負の心を大切にしながら判断する。

4.日本が資源小国と云うのは大嘘。海が資源中の資源。

5.回答は明瞭でなければ本物ではない。
  考え抜くと簡単になってゆくものだ。

6.経済とは人間の行為であると同時に、人間の心だ。
  数字だけで説明しようとするのは駄目だ。

7.心を取り入れた経済学でなければ働かない。

8.援助というのは悪い事。援助の本質は侮辱だ。

9.人から貰って生きてゆくのは、良くない。
  自分で働く事で良くなることが尊いのだ。

10.政治家が他国への援助を云うのは、哲学的に貧困だからだ。
  物事の根本を考えることを、哲学と云う。

11.人間は偉くても堕落するから、その事が判っていなければならない。

12.大きな時代の流れを掴む為には、政治と経済は同じものと理解する事。

13.人間社会は悟りによって向上する。

14.不道徳な事をやっていれば、必ず最後は駄目になる。

15.物欲に拘っている間は、大事なことは理解できない。

16.公平であると良いと決して思うな。

17.物事を知るには、その根本を知る事。

18.物事は「ハッ」とわかるのが本当の「もの」だ。

19.昔一緒に良くなろうと云う考えになるのが良い。

20.深く知ると云う事は、「考える」と云う事だ。

21.我々に決断する力が欠けて居るのは、情報過剰か、処理能力の問題。

22.困っている連中は、何故自分が困っているかを理解する必要あり。

23.ものごとは一人で考えては駄目。お仲間と一緒に議論して下さい。

24.我々は何の為に生きているんだと云う事を終始考える事。

(文責:事務局)

 

「JKSKサロンレポート」一覧へ戻る

 
▲このページのトップへ 
2008-2017©JKSK All Rights Reserved.