English Site  
 


国際シンポジウム「2020年へ、日本は世界に何を発信できるか」


 JKSKスポンサーの一つであります、東芝国際交流財団様が設立25周年を記念し開催されるイベントです。
 第一部では日本の歴史・文化に詳しい海外の講師が、日本人自身が気づきにくい点を含めて分析します。
 第二部ではその分析を踏まえ、産業、経済、統計など幅広い観点から学識者が議論します。
 これらの議論を通じて「日本力」を世界に提案します。

 【日時】
    10月3日(金)13:00~16:40

 【会場】
    日経ホール(千代田区大手町1-3-7)
    東京メトロ、都営地下鉄「大手町駅」下車C2b出口直結
    http://www.nikkei-hall.com/access/index.html


 【プログラム】
    13:00~13:05 開会挨拶 
     西室泰三 公益財団法人東芝国際交流財団 理事長
    13:05~13:15 来賓挨拶
     森喜朗 元首相
         公益財団法人ラグビー
              ワールドカップ2019組織委員会 副会長
         一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック
                    競技大会組織委員会 会長
    13:15~14:15 第一部 講演「海外から見た日本への期待」
     バラク・クシュナー 英ケンブリッジ大学 准教授
     キティ・プラサートスック
          タイ・タマサート大学 教授、東アジア研究所長
    14:15~14:30 休 憩
    14:30~16:30 第二部 パネル討論「日本力の世界への提案」
    パネリスト
     岡村正  株式会社東芝 相談役
     大田弘子 政策研究大学院大学 教授
     本川裕  アルファ社会科学 主席研究員
     間野義之 早稲田大学 教授
    モデレーター 
     嶌信彦  公益財団法人東芝国際交流財団 審査委員長
    16:30~16:40 閉会挨拶 
     武藤敏郎 大和総研 理事長
          一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック
                   競技大会組織委員会事務総長

 【定員】
    600名 受講無料、事前登録制、応募締切は9月19日(金)

 【申込方法】
    公式ホームページからお申し込みください。
    応募多数の場合抽選。

 【公式ホームページ】
    http://nihonryoku2020.jp/

 【お問い合わせ】
    東芝国際交流財団
    電話:03-3457-2733 メール:tifo@toshiba.co.jp

国際シンポジウム「2020年へ、日本は世界に何を発信できるか」(PDF)

 

 
▲このページのトップへ 
2014©JKSK All Rights Reserved.