English Site  
 

 
福島と原発の現状を伝える勉強会

JKSK会員の矢動丸(やどうまる)純子さんが起案者となり、福岡市内で福島の現状を伝え、討論する勉強会のクラウドファンディングが立ち上がっています。

まず知ることから始めよう。
福島と原発の現状を伝える勉強会を開催したい!

矢動丸さんからのメッセージです。

「今回は特に若い人に参加して頂きたいとの思いから、参加費を安くし、ゲストとしていわき市からお呼びする吉川彰浩氏の費用を、クラウドファンディングで皆様にご協力頂けないかと試みました。お返しの品は、いわきおてんとSUNのオーガニックコットンの商品を入れる予定です。

「福島第一原発廃炉図鑑」の共著者であり福島県いわき市で(一社)AFWを主催する吉川彰浩氏は元東電職員。被災地の復興活動はもとより、日本で初めて、一般個人を福島第一原発に連れて行くことを始めた方です。吉川さんのおかげで、私も昨年、第一原発を視察する事が出来ました。皆さんに吉川さんの活動をご紹介したい、お話を伺いたいと思っています。

九州からだと、福島の出来事は遠い彼方での出来事のように扱われますが、昨年の熊本・大分大地震、川内原発、そして玄海原発の再稼働も始まります。エネルギー問題は、ただ反対するだけでは解決に至りません。そんな思いで、この勉強会を企画しました。」

JKSK結結Pは、これからも、復興完成までを合言葉に被災地の皆様と寄り添って・・・と活動をいたしてまいります。
是非、皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。

<勉強会の内容です>

第一部:放射線と放射能の違い。今、原発がどういう状態なのかを分かりやすくリポート

第二部:ゲストの(一社)AFW代表で「福島第一原発廃炉図鑑」の著者である吉川彰浩氏に、廃炉の現状や福島での生活の今を語って頂きます。

第三部:ワールドカフェ形式の意見交換会 自分達がどう思ったか、課題を解決する為にどのような方法が考えられるか等をグループで討論して頂きます。

第四部:パネルディスカッション 会場全体での意見交換会

■ 日時:7月23日(日)13:30 - 16:30 

■ 場所:福岡市立舞鶴小中学校 大会議室 福岡市中央区舞鶴2丁目6-1

■ 定員:50名限定

■ 今回、日本のこれからを担う若者、学生たちに広く参加頂きたく、参加費は1,000円。高校生以下500円で運営したいと思います。広報活動も大学や学校を中心に行いたいと思います。

詳細は、以下のサイトをご覧ください。
https://faavo.jp/fukuoka/project/2048

 

 
 
▲このページのトップへ 
2012©JKSK All Rights Reserved.