「女性が自己実現をするための4つのポイント 〜女性の自立、途上国の自立を考えてきた50年〜」

獨協大学外国語学部交流文化学科 教授 堀芳枝 氏

2018年12月1日(土)に、獨協大学外国語学部交流文化学科の教授である、堀芳枝 氏の講演会「女性が自己実現をするための4つのポイント 〜女性の自立、途上国の自立を考えてきた50年〜」を開催しました!

堀さんは、大学4年時に1年間のフィリピン留学に行き、その後大学院でも引き続きフィリピンの研究をされました。そして2001年から恵泉女学園大学に教授として就任され、学生を海外に連れてゆくフィールドスタディをすぐに担当するように。それから16年間もの間、フィールドワークでフィリピンのゴミ山やスラム、フェアトレードをやっている農村やNGOなどを学生たちと歩いて回られました。2017年より、獨協大学の外国語学部の交流文化学科で働かれています。

当日はこれまでフィールドワークをされてこられた東南アジアの発展についての講義などをされた後、ご自身のキャリアについてお話いただきました。その中で、講演会のタイトルでもある「女性が自己実現をするための4つのポイント」については、以下を挙げられました。

1. 良き指導者、メンターの出会い
2. 継続は力なり。周囲は後からついてくる。
3. 社会一般のジェンダー規範には、時に従わない
4. 人生をうまくまとめようと思わなくて良い

堀芳枝 氏 講演会のようす

他にも、恩師と大学時代に出会えたことで、「途上国の自立・女性の自立」という人生のテーマを見つけられたこと、また、子育ては周りに頼りながらしていったこと、やりたくない仕事を振られた時に、逆にやりたいことが見つかったことなど、ご自身の体験やそこから学ばれたことを共有してくださいました。

特に盛り上がったのは、質疑応答の時間です。1時間ほど、ディスカッションをすることができました。以下、参加者の方からいただいたコメントを掲載します。

・参加者も含めたインタラクティブなやり取りが面白かったです。
・今まで参加した中で一番楽しかったです。自分の境遇、興味に被った堀さんのお話が聞けてとてもためになりました!
・やりたいことをやれば周りはついてくる、という言葉が心に残りました。参加者の皆さんからもたくさん学ばせていただけて、参加できてよかったです!
・参加して本当に良かったです。素晴らしい時間をありがとうございました。見えざる流れや潮目を感じていきたいと思いました。先生の自然体なお姿に勇気づけられました。


主催:認定NPO法人JKSK(女性の活力を社会の活力に)女性100名山プロジェクト
共催:なでしこVoice

女性100名山記事