こんな生き方~女性100名山」の記事を読んで触発された人が、この方とじかにお話したい!と思うのは当然の成り行きです。その声にこたえて、執筆者を講師にお招きして、少人数で語り合う、オフ会が生まれました。

出席者は若い女性たち、男性も加わって、お菓子をつまみながら、あれこれ語り合います。 時には、鋭い質問も、あるいはお困りの状況も飛び出し、皆で真剣に議論を交わします。

「JKSKセミナー&交流会」最新レポート

2019年度から、従来続けてきたオフ会を拡大し、新たな形でのスタートになりました。JKSKの新しい運営体制の下で展開するセミナー&交流会のレポートです。

  • 第2回 「JKSKセミナー&交流会」レポート【1月25日開催 講師:吉田 穂波氏】 2020年1月25日第2回 「JKSKセミナー&交流会」レポート【1月25日開催 講師:吉田 穂波氏】
    テーマ「私の働き方改革~仕事も、人生も、生活も楽しむために」講師:吉田 穂波氏 神奈川県立保健福祉大学教授2020年1月25日(土)に開催した、2020年の幕開けにふさわしい素晴らしい活躍をされておられる吉田穂波氏をお招きした第2回 「JKSKセミナー&交流会」のレポートです。6人のお子さんをお持ちの吉田さん。その背景には、”自分自身が限界を超える、突き抜けるという経験をすることで、他の人の選択肢が増えるのではないか”という意志がありました。吉田さんがそのような意志を貫くきっかけとなったのは就職面接の時に抱いた「出産は足枷になるのか」という疑問で、この問いに人生をかけて答えたいと思ってこられたそうです。知り合いがほとんどいない異国の地で、キャリアを積み、出産・子育てをする、そのためには相当なタフさが求められます。どんな知恵と工夫で乗り越えて来られたのだろうと多くの方が思ったことでしょう。吉田さんが強調されたのは、個人としてのパワーより「人とのつながりの大切さ」でした。これが、吉田さんがこれまで伝えてこられた「受援力」に繋がるのです。辛い時こそ人に助けてもらう「受援力」が欠かせないのですが、気を遣ってなかなかできないこともあります。セミナーの中で実施したペアワークでは、人に頼ることの大切さ、頼られることの喜びを改めて強く感じることができました。イベント後、「まずは小さなことから頼ってみよう」と頼ることへのハードルが驚くほど下がっていました。「仕事と子育てやプライベートのバランス」という言い方がありますが、吉田さんによると、「バランスとは一点静止状態ではなく、常に動いて行ったり来たりするスペクトラム」なのだそうです。子育てに傾いている時もあれば、仕事に傾いている時もあって良いのです。人生は選択の連続。一貫して「自分で選ぶ」姿勢を貫いてこられたという吉田穂波さん。自分自身で決めること・コントロールできることがストレスを減らし、幸福度の上昇へと繋がります。生きることを考えると死を考えることにもなります。医師として多くの方の最期を見届けた経験から吉田さんは、人間関係がその人の人生の豊かさになるとお話しされました。その人がそれまでどれだけ他人に分け与え、尽くしてきたか、それが人とのつながりを豊かにするのです。人のために何かをすることは自分の時間を削るのではなく、「自分の時間を分け与える」ことなのです。困難な時、視野が狭まって「自分」に意識を向けがちになることもあるでしょう。そんな自分に気付いた時は、周りを見渡して、助けを求めたり、困っている人に手を差し伸べる。人は1人では生きられないけれど、人との繋がり次第で自分の人生も他人の人生も限りなく彩っていける、そんな可能性を誰もが秘めています。吉田さんのお話は、人と人が支え合って生きるという、生きることの一番核になっている部分を見つめ直すよい機会となりました。女性100名山記事
  • 山本未生氏 講演会&交流会レポート【7月13日於東京ウイメンズプラザ】 2019年7月13日山本未生氏 講演会&交流会レポート【7月13日於東京ウイメンズプラザ】
    テーマ「非営利組織・企業の共創による未来社会~セクター・国境・世代・組織を越えた協働のインパクト」一般社団法人WIT(WorldInTohoku)山本 未生 氏2019年7月13日(土)に開催した、JKSKの新しい運営体制の下で展開するセミナー&交流会のレポートです。 従来続けてきたオフ会を拡大し、新たな形でのスタートになります。 今回セミナー参加は32名、交流会参加は28名でした。 性別、仕事・ポジション様々、年齢層も20歳代から80歳代まで幅広く、まさに「多様性」を絵に描いたような会でした。 交流会も、知らない同士がすぐに打ち解けて話が弾み、講師を囲み、夜遅くまで時間を忘れて盛り上がりました。 以下セミナーのレポートです。7月13日、一般社団法人WIT(WorldInTohoku)の設立者であり代表理事の山本未生さんをお招きしました。山本さんが社会貢献活動に関わるきっかけとなったのは、大学時代のマレーシアのNGOでのインターンでした。社会のためになる活動をしているにも関わらず資金が乏しい、ネットワークも充実していない…そんな現状を目の当たりにし、卒業後は民間企業へ就職されました。ボランティアを続けながら、MBAプログラムに入ろうとした直前に起こった3.11を機に社会起業家を支援する社団法人ワールド・イン・アジア(WiA)を創設されました。この組織がWITの前身です。そしてMITのMBAプログラム修了後は社会起業家として活動を始められ、社会的企業やNPO法人を対象に、資金面やビジネスモデルづくり、組織の作り方などの支援をされてきました。講演では、被災地の高齢者が体を動かし健康に過ごせるよう支援するサービスなどをご紹介頂きました。 山本さんが力を入れておられるのは、セクター・国境・世代・組織などの境界を乗り越え様々な人と協力して社会問題を解決できるリーダーを育てることです。そのために重要な力の1つは、自分を理解する、社会で起きている問題を知る、自分たちに何が出来るかを自ら考えるといった「アジェンダをつくる力」です。もう一つは、「役割をつくり、他者と担い合い、行動する力」だそうです。 今の日本国内、そして世界でも深刻な社会問題を解決するため、多様なセクター間の連携が求められています。今回の山本さんのお話はもちろん、遠方からお越しになった方々を含む多様なバックグラウンドの出席者の質問を通して、山本さんが育成を目指す「越境リーダー」の存在がどれだけ重要か痛感いたしました。あらゆる社会問題を「自分ごと」として捉え、まずは少しずつでも、そして誰かと一緒に行動を起こしてみる、そうした一つ一つのアクションの積み重ねが社会を変えていくのです。世界中で社会問題解決に取り組む人々を見てこられた山本さんのお話を参考に、「明日から職場でこんな風に行動してみよう」、そう前向きな気持ちになられた方が私を含め多くいらっしゃるのではないかと思います。山本さん、本当にありがとうございました。講師を囲んでの交流会の様子女性100名山記事
  • 【第13回】永田 潤子 氏 講演会|女性100名山オフ会レポート 2019年4月20日【第13回】永田 潤子 氏 講演会|女性100名山オフ会レポート
    「26歳で女性初、最年少での巡視船船長に~より良い社会を創るための、自分マネジメント&リーダーシップ」大阪市立大学大学院都市経営研究科 教授 永田潤子 氏2019年4月20日(土)に、大阪市立大学大学院都市経営研究科の教授である、永田潤子 氏の講演会「26歳で女性初、最年少での巡視船船長に~より良い社会を創るための、自分マネジメント&リーダーシップ」を開催しました!高校卒業後、海上保安大学校に初のただ一人の女子学生として入学された永田さん。その後26歳で女性初、最年少での巡視船船長となられました。巡視艇の乗組員定員は10名で、永田さん以外は全員男性。自分よりも年下の乗組員は2人だけで、あとはみな年上という環境の中、特に年上の男性部下に対してリーダーとしてどうふるまうべきか、当時はとても悩まれたそう。そんな現場での経験を積み上げ、船長を3年間務めた後は、人事院の研修制度を利用して大学院の修士課程を受験。埼玉大学大学院政策科学研究科(現:政策大学院大学)に進学され、その後は教育研究の道へ進まれました。海上保安大学校に入学後、何をするにも「女性初」という前提がついてきて、「女性はどうなのか?」「お前はどうなのか?」と常に問われ続けた永田さん。この、常に考え、自分で決めざるを得ないという状況によって思考を鍛えられたことが、海上保安庁に所属して一番感謝していることだと話されました。「こういったマイノリティ経験は、アドバンテージになります。常に引っかかりがある状態だから、壁にぶつかることも多い。そうすると人は、自分はなんでこんなに怒っているのか? 自信がないのか? 傷ついているのか? と考えるようになります。また、私はマイノリティだったからこそたくさんのアドバイスを周りからもらいました。でも、物事がうまくいくと、「女性のくせにかわいくない」と言われ、失敗すると「女性だからだめなんだ」と言わる。成功しても失敗しても人は色んなことを言うので、周りの声を聞きすぎると良くないと思い、自分を中心にしながら物事を考えるようになりましたね」また、マイノリティは経験としては良いけれど、女性活躍という文脈では、たとえ1,2人女性の部長がいても、それは旗印(トークン)、アナウンス効果くらいしかないというお話がありました。「閾値を超えないと社会の変化は起こりづらく、変化につながる閾値は25~35%の間と言われています。だから、女性活躍ではまずは数を増やすことが重要です。そうすると、『能力ではなく、女性だからという理由で増やしている気がする』と言われる方もいますが、そもそも女性と男性では条件が同じではありません。家事や育児は女性が負担していることが圧倒的に多く、教育や両親によるジェンダーバイアスなど、社会の中で同じ条件で能力を伸ばしていないのに、男性と同じ能力を持つ女性だけを取るというのは、社会全体の構造を見ていません」最後に永田さんからいただいたメッセージは、「やり始めると大変なことはたくさんある。だから、何かにコミットする経験が必要。先のことを色々心配するのではなく、今の状況の中でできることをやり切りましょう」でした。キャリア形成の方法や心のエネルギーチャージ、ビジネスを組み立てる時の基本的な問いについてなど、短い時間の中でたくさんの人生Tipsを教えていただき、講演会終了後は参加者の方から「頭の中がいっぱいです」「たくさん背中を押されました!」という声がありました。以下、参加者の方からいただいたコメントを掲載します。・自己啓発的な記事や本は山ほどありますが、今回ほど聴いていて腑に落ちるお話に触れられる機会もそうないと思いました。今日のお話を踏まえて自分で行動に移すことはもちろん大切ですが、やはり最後は自分自分でとことん考え続けないといけないと痛感しました。・自分がここ数ヶ月モヤモヤしていたことを専門家に直接質問できて、本当に良い機会になりました! 自分が今弱みだと思っているのは、インプット量に対してアウトプットが少なすぎることで、その方法もわからないことでした。あるいは、アウトプットの質が低いことに対する恐れだったと思います。しかし、勇気を出して、一方進む勇気もいただきました。本当にありがとうございました!主催:認定NPO法人JKSK(女性の活力を社会の活力に)女性100名山プロジェクト共催:なでしこVoice女性100名山記事